就職活動NET 就職情報誌元編集長アドバイス

エントリーシートのポイント(平成24年1月18日)

エントリーシートは自己紹介書である。「私はこういう学生です」と素顔をぶつけて相手企業の風土や業務との適合性を判断してもらうものである。もっとうがった見方をすればエントリーシートこそ、学生にとっては自分を企業に売り込む際のカタログである。かと言って大袈裟に捉え、かっこいい話でまとめようとすると人事担当者は面食らってしまう。あくまで自分の「素顔」を提示することである。

研究課題は何ですか、学生時代に力を入れたことは何ですかなど複数の設問に分かれているが、相手が求めていることは「あなたはどういう学生ですか」に尽きる。研究課題を通して「私はこういう発想のできる学生です」と考え方の一端を提示したり、ゼミやサークル活動を通じて「私は集団の中で、周囲の状況を見ながらこういう提案をして集団の輪を構築しています」と積極的なチーム作りを提示することだ。

材料になるエピソードは、身近な話題でかまわない。あくまで「あなたはどういう学生ですか」と本質の開示を求めているだけである。ここで、気をつけなければならないことは、何かエピソードを使って説明するとき、行動レポートにならないようにすることである。その時何を感じ、どう取り組んだか気持ちの動きを前面に押し出し、人間性をさらけ出すことである。ナマをぶつければぶつけるほど相手はしっかり素顔を見極めてくれるものである。


就職活動 TOP
就活後半戦の戦い方―これからが本番編(平成24年4月30日)
いろいろ噂が飛び交い、内定辞退が恐い(平成24年4月18日)
本命企業の結果がでる前に他社から内定がでて誓約書を求められた(平成24年4月10日)
自己暗示でかわす内定拘束(平成24年4月1日)
言行不一致が命取り(平成24年3月20日)
状況判断と自己認識(平成24年3月10日)
甘さの目立つ志望動機(平成24年2月29日)
リクルーターって何?(平成24年2月15日)
OB・OG訪問が明暗を分ける(平成24年2月1日)
エントリーシートのポイント(平成24年1月18日)
大学名入り履歴書を完成させよう(平成23年12月30日)
学生と企業は赤い糸で結ばれている(平成23年12月14日)
気楽にとらえたい自己分析(平成23年12月1日)
学生を混乱させる採用広報と早期選考企業(平成23年11月14日)
仲間より半歩抜け出すために、いますべきこと(平成23年11月1日)
就職活動NET トップへ

友達に教える
運営者情報
PCサイト就職活動
(C)就職活動NET