就職活動NET 就職情報誌元編集長アドバイス

言行不一致が命取り(平成24年3月20日)

企業は、厳しい環境で限られた人員で選考をこなさなければならない。手抜き、判断ミスは許されない。と言うものの、人事担当者も人の子である。細心の注意を払っても、短期決戦の採用選考では逸材を見落すことだってある。

学生にとって一番こわいことは、自分の本質が伝わらないまま、落とされてしまうことだ。じっくり時間をかけられない選考では、直感的に判断されてしまう傾向が強い。その中で、勝ち残っていかなければならないのである。

通り一遍のマニュアル的回答では本質のかけらも伝わらない。当然、ご縁がありませんでしたと涙を飲むことになる。

まず素顔でぶつかることだ。面接官の質問をしっかり受け止め、それに対して自分の気持ちを熱く吐露することだ。事前の作文を読み上げるような回答はバッサリ切り捨てられることは言うまでもない。

中でも一番失敗の多い事例は、言行不一致である。意欲を示そうと気合を入れて話しても、目線が定まらない曖昧な態度では面接官には背伸びとしか映らない。

面接に臨んだら、熱い気持ちを自分の言葉で伝えることである。知らないことは知りません、わからないことはわかりませんとはっきり言い切り曖昧な態度をとらないことだ。これさえできれば、怖いモノはない。

背筋を伸ばし、ハキハキとした態度で、「わたしはこういう学生です」と自分の気持ちをぶつければ、面接官は安心して間違いのない判断をしてくれる。


就職活動 TOP
就活後半戦の戦い方―これからが本番編(平成24年4月30日)
いろいろ噂が飛び交い、内定辞退が恐い(平成24年4月18日)
本命企業の結果がでる前に他社から内定がでて誓約書を求められた(平成24年4月10日)
自己暗示でかわす内定拘束(平成24年4月1日)
言行不一致が命取り(平成24年3月20日)
状況判断と自己認識(平成24年3月10日)
甘さの目立つ志望動機(平成24年2月29日)
リクルーターって何?(平成24年2月15日)
OB・OG訪問が明暗を分ける(平成24年2月1日)
エントリーシートのポイント(平成24年1月18日)
大学名入り履歴書を完成させよう(平成23年12月30日)
学生と企業は赤い糸で結ばれている(平成23年12月14日)
気楽にとらえたい自己分析(平成23年12月1日)
学生を混乱させる採用広報と早期選考企業(平成23年11月14日)
仲間より半歩抜け出すために、いますべきこと(平成23年11月1日)
就職活動NET トップへ

友達に教える
運営者情報
PCサイト就職活動
(C)就職活動NET