就職活動NET 就職情報誌元編集長アドバイス

就活後半戦の戦い方―これからが本番編(平成24年4月30日)

大量の受け皿を持つ金融関連、大手商社の採用が一段落。これからいよいよ就職戦線も第二ラウンドを迎える。ここでしっかり認識しておきたいことがある。

これからが本命企業の本番という人は、前半戦をどう戦ってきたか説明できるようにしておく必要がある。

就職活動は大学受験のように頑張れば何とかなるというものではない。万が一失敗したときの手当てをどうしてきたかが問われる。絶対といえない本命一筋に頑張ったと強調しても、相手は素直に受け止めてくれない。状況判断の甘さを指摘してくる。

もしビジネスの現場で後手を踏めば間違いなく多大な損失をこうむることになる。そういう状況判断の甘い学生は要りませんと断を下されることになる。

本命企業に失敗した際、納得して入社できる企業から内定を得ていればいいが、内定企業がない場合はどうしたらいいだろうか。失敗の要因をはっきりさせ、それを反省し第二ラウンドに活かそうとしていることを面接官にしっかりアピールすることが必要である。

面接は心証に大きく左右される。前半戦での失敗は何が問題であったかしっかり認識して、反省の色が濃い学生には面接官は失敗をさっぱり水に流してくれるものである。失敗は失敗。同じ過ちを繰り返さなければいい。堂々と胸を張って本番に臨むことだ。


就職活動 TOP
就活後半戦の戦い方―これからが本番編(平成24年4月30日)
いろいろ噂が飛び交い、内定辞退が恐い(平成24年4月18日)
本命企業の結果がでる前に他社から内定がでて誓約書を求められた(平成24年4月10日)
自己暗示でかわす内定拘束(平成24年4月1日)
言行不一致が命取り(平成24年3月20日)
状況判断と自己認識(平成24年3月10日)
甘さの目立つ志望動機(平成24年2月29日)
リクルーターって何?(平成24年2月15日)
OB・OG訪問が明暗を分ける(平成24年2月1日)
エントリーシートのポイント(平成24年1月18日)
大学名入り履歴書を完成させよう(平成23年12月30日)
学生と企業は赤い糸で結ばれている(平成23年12月14日)
気楽にとらえたい自己分析(平成23年12月1日)
学生を混乱させる採用広報と早期選考企業(平成23年11月14日)
仲間より半歩抜け出すために、いますべきこと(平成23年11月1日)
就職活動NET トップへ

友達に教える
運営者情報
PCサイト就職活動
(C)就職活動NET