就職活動NET 就職情報誌元編集長アドバイス

自己暗示でかわす内定拘束(平成24年4月1日)

いよいよ就職戦線も本番突入である。厳しい環境ながら、コアの人材確保に向けしのぎを削っている。

特に今年の採用戦線は、スタート時期が2か月遅くなり十分な採用広報ができないまま本番突入である。知名度、人気度の高い企業に学生が集中しがちである。それらの企業がお互いに牽制しあって学生の確保に熱が入ってくる。

学生から聞き取りをすると、4月上旬は、連日2〜3社の筆記や面接が予定されている。今年も相変わらず、厳選採用の一言につきる。取りこぼしを避けるため、執拗な志望確認と拘束をかけてくるのは必至である。選択を一つ間違えれば、本命企業の選考までフイにしかねない。気がついたら持ち駒がなくなっていたということさえありうる。

いまの内に、受験企業の志望強度を確認して優先順位をつけておくことだ。昨年度の志望企業の内定出し状況がどうであったか調べておくことも必要である。上手くスケジュール調整しないと取り返しのつかないことになりかねない。

また、金融関連各社はライバル他社の進行具合によっては巧妙な拘束を仕掛けてくる。いままで1、2度の確認面接で内定が出ていたところでも、はっきりした内定告知をしないままずるずる引っ張る拘束まがいのことが行われる可能性も高い。

「この学生は他社へは逃げないな」と感じ取れば、拘束なんて意味がない。当然拘束はゆるくなる。そのためには、先ず相手を安心させることだ。面接直前に自己暗示をかけて、ライバル他社を脳裡から追い出し、その企業を心から好きになることだ。

面接終了後、気分をリセットして次の企業へと意識を切り替えればいい。


就職活動 TOP
就活後半戦の戦い方―これからが本番編(平成24年4月30日)
いろいろ噂が飛び交い、内定辞退が恐い(平成24年4月18日)
本命企業の結果がでる前に他社から内定がでて誓約書を求められた(平成24年4月10日)
自己暗示でかわす内定拘束(平成24年4月1日)
言行不一致が命取り(平成24年3月20日)
状況判断と自己認識(平成24年3月10日)
甘さの目立つ志望動機(平成24年2月29日)
リクルーターって何?(平成24年2月15日)
OB・OG訪問が明暗を分ける(平成24年2月1日)
エントリーシートのポイント(平成24年1月18日)
大学名入り履歴書を完成させよう(平成23年12月30日)
学生と企業は赤い糸で結ばれている(平成23年12月14日)
気楽にとらえたい自己分析(平成23年12月1日)
学生を混乱させる採用広報と早期選考企業(平成23年11月14日)
仲間より半歩抜け出すために、いますべきこと(平成23年11月1日)
就職活動NET トップへ

友達に教える
運営者情報
PCサイト就職活動
(C)就職活動NET