就職活動NET 就職情報誌元編集長アドバイス

リクルーターって何?(平成24年2月29日)

リクルーターっていったいどんな人たちであろうか。採用時期に人事担当者の補助要員として任務に当たる社員である。企業と学生を結ぶパイプ役といってよかろう。主に出身大学の後輩に関して、就職意識を聞き取り調査したり、実際の動向を確認しながら、人事部に報告する。時として、面接に借り出されるケースもある。採用における企業最前線のハードルと捉えておけば間違いない。

金融関連は、厳しい就職環境においても他業界より採用人数は多い。就職戦線も中盤にさしかかると、突然ゼミやサークルの先輩から仲間を集めておくように連絡が入る。

採用選考が始まってからは、じっくり学生を見極める時間がとれない。事前に社員を出身大学に派遣して、就職活動の相談を装って、後輩たちの本音を引き出し、自社に好ましい人材を発掘する。一般にゼミ説と呼ばれているもので、まさにリクルーターの出番である。めぼしい後輩は、採用母集団に組み込まれ、一般学生より有利に選考の土俵にのぼるのである。

単に大学の先輩からの電話と思っていたらリクルーターであったということも十分考えられる。エントリーしただけの企業から、突然電話が入ることもある。企業からの電話は十分に注意を払うことだ。まだ十分に企業研究が進んでなく志望が固まっていなくても、連絡を受けたら「待ってました」と声を弾ませて対応することである。電話の対応次第では、バッサリ切り捨てられることもある。企業研究を進めたら自分にぴったりの企業だとわかっても後の祭り。採用活動は生き残りゲームで、復活など望むべくもない。


就職活動 TOP
就活後半戦の戦い方―これからが本番編(平成24年4月30日)
いろいろ噂が飛び交い、内定辞退が恐い(平成24年4月18日)
本命企業の結果がでる前に他社から内定がでて誓約書を求められた(平成24年4月10日)
自己暗示でかわす内定拘束(平成24年4月1日)
言行不一致が命取り(平成24年3月20日)
状況判断と自己認識(平成24年3月10日)
甘さの目立つ志望動機(平成24年2月29日)
リクルーターって何?(平成24年2月15日)
OB・OG訪問が明暗を分ける(平成24年2月1日)
エントリーシートのポイント(平成24年1月18日)
大学名入り履歴書を完成させよう(平成23年12月30日)
学生と企業は赤い糸で結ばれている(平成23年12月14日)
気楽にとらえたい自己分析(平成23年12月1日)
学生を混乱させる採用広報と早期選考企業(平成23年11月14日)
仲間より半歩抜け出すために、いますべきこと(平成23年11月1日)
就職活動NET トップへ

友達に教える
運営者情報
PCサイト就職活動
(C)就職活動NET