就職活動NET 就職情報誌元編集長アドバイス

学生を混乱させる採用広報と早期選考企業(平成23年11月14日)

就職戦線の秩序を守るため、日本経団連が仲介役となって、大学側と産業界で申し合わせをおこなっている。

「企業の倫理憲章」がそれである。主な内容は二つ。採用選考は4年生の4月以降に実施、正式内定日は10月1日以降というものである。

以前、この中に学生が十分に企業研究できるように速やかに情報開示するという一文があった。この情報開示をめぐって企業間の駆け引きが水面下で活発化し学生を混乱させた。

そこで、2010年から倫理憲章が改められ「採用選考活動」を「広報活動」と「選考活動」に分け、具体的文言で線引きをした。

広報活動は、会社説明会、インターンシップなど学生が自主的に参加または不参加を決定できるものとして、その後の選考活動に影響しない旨明示する。

そして、選考活動とは、一定基準に達した学生を選抜することを目的とした活動を差す、というものだ。

この改訂が、逆に学生の足を引っ張った。「採用選考と直接関係ありません」と銘打った広報活動の大半が選考の前倒しになっていたことである。状況判断一つで明暗を分けた。

お膳立てしてもらうことに慣れきった学生たちは、注釈をそのまま受け止め、セミナーなどに参加せず後手を踏むケースが続出したのである。

人事部が実施するセミナーである。「採用と関係ない」と断りがあっても選考活動が含まれるものと認識すべきであろう。

日本企業と異なり外資系企業の大半は、企業の倫理憲章の縛りを受けない。それぞれ独自のスケジュールで採用活動を実施している。十分に留意しておきたい。


就職活動 TOP
就活後半戦の戦い方―これからが本番編(平成24年4月30日)
いろいろ噂が飛び交い、内定辞退が恐い(平成24年4月18日)
本命企業の結果がでる前に他社から内定がでて誓約書を求められた(平成24年4月10日)
自己暗示でかわす内定拘束(平成24年4月1日)
言行不一致が命取り(平成24年3月20日)
状況判断と自己認識(平成24年3月10日)
甘さの目立つ志望動機(平成24年2月29日)
リクルーターって何?(平成24年2月15日)
OB・OG訪問が明暗を分ける(平成24年2月1日)
エントリーシートのポイント(平成24年1月18日)
大学名入り履歴書を完成させよう(平成23年12月30日)
学生と企業は赤い糸で結ばれている(平成23年12月14日)
気楽にとらえたい自己分析(平成23年12月1日)
学生を混乱させる採用広報と早期選考企業(平成23年11月14日)
仲間より半歩抜け出すために、いますべきこと(平成23年11月1日)
就職活動NET トップへ

友達に教える
運営者情報
PCサイト就職活動
(C)就職活動NET