就職活動NET 就職情報誌元編集長アドバイス

9.インターンシップについて
インターンシップに名を借りた青田刈り

近年のインターンシップ、特に年末から春先にかけたインターンシップは企業の思惑による採用選考の前倒しが大半だといってよい。これらのインターンシップに参加した学生だけを別選考し、早々と内定するケースもある。

2月3月は、本番に向け志望企業を絞り込むために時間を惜しんでOB・OG訪問、セミナー参加と走り回る貴重な時期である。2月後半から3月にかけて1週間も2週間も終日の就業体験を実施する大手企業など企業エゴの最たるものである。

就業体験のために参加した学生に「内定」をちらつかせ、他社を断念させる企業まででる始末である。本末転倒も甚だしい。企業の思惑で学生が振り回されるのはたまらない。そのあたりを、しっかり見極めて納得のいく就業体験にしてもらいたいものだ。

将来設計の「羅針盤」に!

残念なことに現状では、参加した学生を本選考で優位に扱う企業もあり、学生を戸惑わせている。本来のインターンシップは実務経験のない学生が学窓を巣立つにあたって、人生観なり職業観を養うための就業体験である。たまたまその企業が気に入って志望することはあるかもしれないが、就業体験する企業への就職を目指すためにインターンシップに参加するというのは筋が違う。

当然のことながら、実務を体験して企業社会には向かないと判断して、大学院への進学など異なる道を選択するというのも生き方の一つである。

入社までに自分の生き方を模索したり、じっくり職業について考える機会と捉えて、参加することは賛成だ。大手企業の組織、中小の経営戦略、ベンチャーの視点、それぞれに得るものは大きい。その上で、自分の生き方にあった職業は何かを見極め、その仕事のできるフィールドを求めて就職活動に移るというのが筋であろう。大学3年生の夏季休暇を利用したインターンシップには比較的本来の趣旨に沿ったものが多い。

次頁
10.総合職と一般職

就職活動NET トップへ

友達に教える
運営者情報
看護師募集
PCサイト就職活動経理求人転職
(C)就職活動NET