就職活動NET 就職情報誌元編集長アドバイス

11.リクルートスーツについて
リクルートスーツはビジネススーツ

就職活動の装いについて、ガイダンスなどで「面接の場は公式の場である。パンツスーツなど論外である」ともっともらしく説明を受けると、戸惑ってしまう。面接は商談の場である。交渉事を公式の場と言われると否定できない。しかし、商談は駆け引きの場であり、ビジネスにおける戦場と考えたほうがわかりやすい。とすれば、戦いやすい服装が一番だ。相手に不快感を与えなければ十分である。ブラウスにスカート、ガクランだってダメとは言わない。しかし、目立つ服装は面接においてどうしても服装の話から入ってしまう。限られた時間に肝心な質問を差し置いて服装の話になるのはもったいない。ストレートに本論から入るためには、一般的なリクルートスーツを選択した方が無難である。装いで目立つより中身で目立つ方が得策であろう。

パンツスーツであろうがスカートであろうがかまわない。男子学生が気にする二つ釦であろうが三つ釦であろうが同じことである。デパートなどに陳列されている中から好みの一着を選べばいい。

面接官が気になる装い

面接官が一番気になるのは清潔感である。他人に気配りができ意欲的な学生であっても、スーツの袖口から薄汚れたシャツの袖がのぞいていると興醒めしてしまうものだ。「足下を見る」という諺があるが、入室前に靴の埃を払うだけの注意ができれば、他のことにも神経が行き届くであろうと面接官は勝手に受け止めるものだ。

面接中、学生の顔を凝視しているわけではない。目線は胸元にある。かっちりしたスーツから、洗いざらしのよれよれのブラウスがのぞいていると、ピリッとした締まりに欠ける。カジュアルな装いには合っても、スーツには合わない。衿にアイロンをかけるくらいの気遣いはもちたいものである。

「普段着で来てください」の意味

相手は学生の感性なり状況判断力をみている。ファッションにうるさいところを示そうと、ヴィンテージものの穴あきジーンズ姿は、どうであろう。いかなる状況かをきちんと認識して違和感のない服装で出かけるのが筋である。

普段の通学着で十分である。それではというのであれば、ちょっと構えた初デートくらいにとらえて装うのもいいかもしれない。こざっぱりして清潔感あふれるものであれば問題ない。

就職活動NET トップへ

友達に教える
運営者情報
看護師募集
PCサイト就職活動経理求人転職
(C)就職活動NET